6

ブログ

2

【Works】「まりびと」アンジェ ポステコグルー

2019/03/02

1
AkiSato

日付が変わって、きょう3月2日は、横浜F・マリノス ホーム開幕戦。

G大阪とのリーグ開幕戦に熱狂したのは、もう一週間前だ。

開始3分の間に、2得点が生まれる衝撃。

そして、F・マリノスは、開幕戦を制した。


得点者の、そしてベンチの、スタッフ陣の喜ぶ姿を見れば、

「待望の一勝」であることが、熱を帯びて伝わってくる。

去年12月1日に2018シーズンのリーグ戦を終えて、

F・マリノスは辛うじてJ1リーグ残留を決めた。


その試合後、「彼」は、選手・スタッフの最後方を歩き、

スタンドに目をやり、ひたすら手を叩き続けていた。

私は、その背中を撮り続けた。


アンジェ ポステコグルー。


彼の背中越しに見た風景。

ブーイングもあった。

「アンジェ!アンジェ!」と言葉にならない雄叫びもあった。

労いと感じられる拍手もあった。


ゴール裏、もっとも熱狂的なサポーターが集う場所に来ても表情を変えなかった監督。

しかしそこへ不意に、タオルマフラーのようなものが投げ込まれる。

監督はそれを見逃さなかった。

歩みを止め、トラックに落ちたそのマフラーを拾い、高く掲げた。

次の瞬間、自らのネクタイを緩め、外し、サポーター席に投げ返した。


広がるどよめき。


言葉はひとつもないやりとりだった。

2019年シーズンへの期待がサポーターから投げ込まれ、

それに応える決意を監督は投げ返した。


あれから91日、

同じ場所で、彼は2年目のシーズンを迎える。


全員が輝くその瞬間を、日産スタジアムで見守りたい。






この記事を書いた人

1

AkiSato

仙台放送アナウンサー、テレビ神奈川アナウンサーを経てフリーランスに転向。映像制作のほか実況、司会業も

コメント

person